環境への取り組み

株式会社タスクは環境への取り組みを強化するために、新たに「環境方針」を策定し、環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001を取得しました。

社員一人ひとりが環境方針を遵守し、お客様及び社会全体の環境負荷低減に貢献してまいります。

タスク環境方針(PDF:263KB)

環境方針

株式会社タスクは、医療機器の設計、開発、製造及び販売事業を展開しています。
企業の社会的責任と地球及び地域保全の重要性を認識し、循環型社会形成に寄与する改善活動を継続的に行います。

事業活動に伴う環境側面が環境に与える影響を的確に捉え、環境目標を設定し、全社員で取り組み、環境負荷の低減、汚染の防止、地球温暖化防止、持続可能な資源の利用、生態系の保護など環境保護活動を推進します。

環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。環境目標は定期的に見直し、必要に応じて更新します。

環境に関する法規制・条例や自主的な取決め事項を順守し、お客様や社会への責任を果たします。

事業活動、製品の製造及びサービスが環境に与える影響を考慮し、次の事項について重点的に活動します。

  1. [1] 環境に配慮した製品の設計及び開発
  2. [2] 省エネルギーの推進
  3. [3] 廃棄物の分別と削減及びリサイクルの推進

環境教育、社内広報活動等を行い、環境方針の理解と環境保全に対する意識の向上を図ります。

この環境方針はホームページ上に公開し、関連企業、近隣住民など利害関係者の皆様のご理解とご協力を頂き活動して参ります。

※株式会社タスクの環境マネジメントシステムの適用範囲は、惣社第⼀工場及び本社工場とする。
 また、これらの事業所の活動内容は、医療機器の設計・開発・製造及び販売である。

2017年4月1日
株式会社タスク
代表取締役社長 川嶋 幸雄

ページの先頭に戻る